恵比寿鯨新聞は恵比寿鯨祭の公式スポークスメディアです

【1店目】恵比寿TOLIUOの鯨のサルティンボッカ

さて、お店の紹介を1店舗づつ行っていきたいと思います。

全然ネット上には情報が少ないですが9月までロングランで行うイベントですので

ゆっくりじっくり楽しんでいただきたいと思います。まずは第一店舗目!!

恵比寿ビール坂に人気の焼鳥とタパスを出すお店「toliuo」です。

神戸で人気のお店。焼鳥と魚を使った創作タパスや魚介系の料理が楽しめるお店として

2号店を恵比寿でも屈指のグルメ地帯「ビール坂」にOPEN。

店長の岡部さんは早くもこの地区では人気の店長。いじられまくりの岡部さん。

ほら。写真もちゃんと写ってくれるように静止してくれたりもします。

今回鯨の肉を使った料理を考案頂いたのですがもちろん岡部さん自ら考案。

鯨の肉で何を作っていただいたかというと!

鯨のサルティンボッカ

サルティンボッカ?あ~あのサーカスで有名な~!!

それは「サルティンバンコ」で今回の料理はサルティンボッカでございます。

じゃあサルティンボッカってなんだよ?という事で調理工程をご説明。

まずはクジラの赤肉を叩いて被ってペシャンコにします。

叩く時のコツは「美味しくな~れ★美味しくな~れ★」とメイド喫茶風にお祈りする

ことからこのサルティンボッカを作る工程が始まります。想像してみてください。

ね?ちょっとキモイでしょ?(笑)

まぁそんなおまじないをしているわけですが、この叩いて伸ばした鯨肉に

クリームチーズを入れます。この時点では全く味の想像はできません。

後のレシピは企業秘密でして、そのままクルクルと巻きます。

そして驚きなのはその鯨肉の上に生ハムを巻きます。

これがサルティンバンコなんですね(サルティンボッカです)

これで完成?

いやいやこれからですよ~。しずりますよ~~。

熱くしたフライパンの上にバターを乗せまして、溶かします。

グツグツバターに火が通りましたらその上にサルティンバンコをジュジュッと

載せて焼き上げるんですよ。これがおいしそーーーーー!!!!!

そして味付けは「ジンジャーバターソース」

生姜の効いたバターのソースに仕立てアツアツのジンジャーバターソースで

サルティンボッカをカリッと焼いて行きます。

カリッと焼き上がりましたら

盛り付けに入ります。季節のお野菜を焼いた付け合せと合わせて

香ばしいジンジャーバターソースを上からかけまして

出来上がりはこちら!!!

はい!!!ドン!!!!!!!

鯨のサルティンボッカ

 

ジンジャーバターソース

カリッと焼き上がったサルティンボッカに実はこのメニューを開発した後に

岡部さんが更なる改良を加え鯨のベーコンをカリカリに焼いた物が

現在はこの上にプラスして載っております!!!!

割ってみると中はトロ~りクリームチーズがこんにちわしています。

そしてアクセントのセージの葉が鯨肉に非常に良く合う!!!!!

非常に洗練された料理ですね。人気メニュー間違いなしでございます!!

是非皆さんも足を運んでいただければと思います。その他21店舗のお店に

行く際はできれば事前にご連絡ください。ご用意していないお店も始まった

ばかりですのであると思います。是非ご確認してみてくださいね!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
toliuo (トリウオ)

住所 東京都渋谷区恵比寿4丁目10−8 恵比寿ビル101
電話番号 03-3446-3381
営業時間 17:30~翌2:00(L.O.翌1:00) 日曜定休


大きな地図で見る

Share (facebook)